上越市S様邸新築工事 Part9

こんにちは。
S様邸いつの間にやらこんな姿に…外観はほぼ完成ですね。
全体のトーンと玄関周りの外壁が変化していてかわいらしいです。
窓の配置も絶妙なバランスですね。
さすがはERIさんです。。。

最近、軒の出が無い住宅多いみたいですね。
見た目のスッキリとした感じは確かにいいですよね。
私的には、屋根と外壁の納まりどうなってるのか不思議です。
S様邸は、軒の出が若干あるので普通の住宅より短いって感じで、
構造的な部分は理解できますが…。

最近のモダン住宅の流行りで軒の出が全く無い住宅が、
デザイン的に重視されています。
通常は破風板とか鼻隠しと言われる部材で、
グルグルっと屋根周りを囲みます。
S様邸の写真ように外側に破風板等が見えてきます。
(写真:屋根のまわりの白い部材です。)
外壁の立ち上がりが屋根の鋼板に、
カツカツ(むしろピッタリ?)まで来てるような屋根の納まりは…謎。
雨仕舞とか大丈夫なのでしょうか???
コーキング?とかでどうにかしてるのでしょうか?
でも、年数が経てばコーキング材も劣化して…
雨漏りとかしそうじゃないですか?!?
垂木や母屋を軒桁ピッタリに合わせてるのか?でも……ん~。。。
あまりにも気になりPCで検索してみたものの、
納まり図までご丁寧に公開しているようなサイトは無く、諦めました。。。

どなたか軒の出が全く無い屋根の納まりを
ご存じな方いらっしゃったら、教えてくださいませ。
(注:ちなみに、パラペットとは違います。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

セキュリティ強化のため簡単な計算をしてください。 *