住宅版エコポイント説明会に行ってきました。

昨日トステム㈱の住宅版エコポイントの説明会に参加してきました☆彡
なかなか理解しやすいようで複雑な制度だなぁと感じました。

ここでは私なりの解釈で説明したいと思います。

経済産業省、国土交通省、環境省の三省合同事業で予算は1,000億円。

❤対象となる工事❤
(原則として平成21年度第2次補正予算の成立日後に工事が完了し引き渡されたもの)

①エコリフォーム
平成22年1月1日~12月31日に工事着手したもの

【工事の内容】
☆窓の断熱改修(内窓設置、外窓交換、ガラス交換)
★外壁・屋根・天井・床の断熱改修
☆または★のどちらかの工事であること。
*これらに併せてバリアフリーリフォームを行う場合はポイント加算!!!

②エコ住宅の新築
平成21年12月8日~平成22年12月31日に着工したもの

【工事内容】
☆省エネ法のトップランナー基準(省エネ基準+高効率設備機器)相当の住宅
★省エネ基準(次世代省エネ基準)を満たす木造住宅
☆または★に該当する新築住宅
*ポイントの申請には基準を満たすことを証明するための
住宅性能評価機構等の第三者評価が必要です。

❤発行ポイント数❤
①エコリフォーム
*内窓設置・外窓交換   大18,000P 中12,000P 小7,000P
*ガラス交換       大7,000p 中4,000p 小2,000p
*外壁・屋根・天井・床の断熱改修  外壁100,000p  屋根・天井30,000p  床50,000p
*バリアフリー改修   手すりの設置5,000p  段差解消5,000p  廊下幅等の拡張25,000p

②エコ住宅の新築 1戸あたり300,000p

❤エコポイントの申請期限等❤
エコリフォーム 平成23年3月31日まで
新築 平成23年6月30日まで(1戸建)
平成23年12月12月31日まで(共同住宅)

✿新築のエコポイントは住宅取得資金に充てることもできるそうですよ(即時交換)✿
注:即時交換するには、各都道府県に設けた受付窓口に直接申請して
尚且つエコポイント申請と同時じゃないとダメみたいです。
必要な書類も色々あります。。。

…と、いうわけでリフォームを後回しにしてきたそこのあなた。
そして、夢のマイホームを建てるのに躊躇し続けてきたあなたも
今年中がとってもお得なのはご理解頂けたはずです❤
それでも二の足踏んでるあなた。。。
期間終了ギリギリの年末までに着工すればOKです。(´∀`;)ノ

なんだか私自身まだ曖昧な知識ですが、大まかに説明するとこんな感じです。
もっと詳細を知りたい方は国土交通省のHP
住宅版エコポイント制度 リーフレット(PDF)
住宅版エコポイント制度 概要(PDF)
をご覧くださいませ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

セキュリティ強化のため簡単な計算をしてください。 *